シミウスとシズカゲルはどっちが美白効果が高い?シミ消しオールインワンの比較

美白のオールインワンジェルの定番と言えばシミウスですが、同じく美白オールインワンで売れているのがシズカゲルです。

両方とも美白オールインワンという点で比較されがちですが、これらは全く別のオールインワンです。

この記事では人気のシミウスとシズカゲルを比較したいと思います。

シミウスとシズカゲルの比較

簡単にシミウスとシズカゲルを比較してみました。

シミウス シズカゲル
定期価格 3,795円 2,980円
保証 30日間返金保証 30日間返金保証
分量 60g 60g
テクスチャー 固くて弾力があるジェルでマッサージに適したテクスチャー 軽いテクスチャー
販売元 メビウス製薬(2006年創業) 株式会社シズカニューヨーク(2015年創業)
製造元 三粧化研(1968年創業) 木下製薬(1992年創業)
有効成分 プラセンタエキス

グリチルリチン酸ジカリウム

アルブチン

グリチルリチン酸ジカリウム

その他の注目成分 シコンエキス

カモミラエキス

ビタミンC誘導体

カモミラエキス

強み マッサージに適したテクスチャになっている

創業50年の老舗製薬会社が製造していて信頼度が高い

軽めのテクスチャで使用感が良い
シミへの効果
くすみ対策・肌の透明感への効果
リフトアップ効果
肌荒れ・ニキビの炎症への効果
毛穴への効果
保湿力

シミウスとシズカゲルはテクスチャーや使用感などがかなり異なるオールインワンジェルになっています。

美白やシミ消し効果・保湿力はシミウスの方が高くて、シズカゲルのほうが毛穴引き締め効果は期待できるかなという感じの違いですね。

シズカゲルはややさっぱりしていて保湿力が個人的には物足りなく感じます。

個人的には美白やシミ消しという意味で断然シミウスの方がおすすめです。

シミウスがシズカゲルに比べて美白効果が優れている理由とは

では、どうしてシミウスの方がシズカゲルに比べて美白効果が高いのか、シミ消しが目的だとシミウスの方が優れた理由を見ていきたいと思います。

1.シミウスのほうがより「シミの排出」に優れた有効成分が使われている

美白の化粧品で一番大事な成分は何といっても「有効成分」です。

有効成分が厚生労働省より効果効能が認められた成分になっているので、きちんと所定の成分が効果が出るだけの分量配合されているためです。

逆に、有効成分以外の成分がどれだけ豪華でも有効成分になっていない以上はごく少量しか配合されていないことも多々あります。

その点で有効成分を比較すると、シミウスは美白有効成分がプラセンタエキスでシズカゲルはアルブチンです。

アルブチンは大昔から美白有効成分として使われていて、メラニンのもとになるチロシナーゼの活性を阻害することでシミを予防する効果が高いと言われています。

なので、どちらかというとアルブチンはシミを排出するというよりは予防成分なんですね。

一方でシミウスの美白有効成分はプラセンタエキスです。

プラセンタエキスはシミを予防する効果も高いですが、それと同時にターンオーバーを整える効果もあるのですでに出来てしまったシミを排出する効果も期待できます。

これらの点からシズカゲルよりシミウスのほうがよりシミ消し効果は高いと言えます。

2.シミウスはマッサージによる相乗効果も期待できる

シミウスはとにかくマッサージを意識して作られたオールインワンになっています。

このマッサージは肌の新陳代謝を高めて血行を良くしてくれるので、くすみ対策にもなりますしシミ排出効果が高いんです。

シズカゲルは肌につけるだけなんですが、シミウスはじっくりマッサージをすることによる相乗効果が高い化粧品なんですね。

しかも、通常のマッサージジェルは油分が入るのでマッサージした後にベタベタになるのが、シミウスはウォータージェルになっているのでベタつかずもっちりした仕上がりになります。

このように肌につけるだけのシズカゲルよりもマッサージで美白成分を肌に浸透させるシミウスのほうがよりシミ消し効果が期待できるんですね。

3.シミウスの製造元である三粧化研が50年もの歴史がある

シミウスの製造元は三粧化研でおよそ50年もの歴史がある老舗の製薬会社になっています。

実はシミウスは発売当初はエニシングホワイトの製造でも有名な天真堂という別の会社が製造していましたが、シリニューアルした際に製造会社が三粧化研に変更になりました。

化粧品は同じ成分を使っていたとしてもやはり、製造元の技術力によってその効果には雲泥の違いが出ます。

シズカゲルの製造元の木下製薬も決して技術力が低いわけではないですが、三粧化研に比べると歴史も浅くやや見劣りします。

この点を踏まえるとシミウスのほうが美白効果が高いと言えますね。

シミウスはリフトアップ効果も高くたるみ対策にもおすすめ

シミウスは正式にはホワイトニングリフトケアジェルという名前になっています。

この名前から連想される通りリフトアップ効果も高いのが特徴です。

このリフトアップ効果は大きく二つの理由があります。

  • 成長因子が入っているプラセンタによるしわ・たるみ対策
  • マッサージによるリフトアップ

まず、シミウスの有効成分のプラセンタは成長因子も入っているので肌の真皮のコラーゲンやエラスチンなどの分泌を促す効果があります。

それに加えて、シミウスはマッサージに非常に適したテクスチャーになっています。

そのため、成分的にも継続することで内側から肌にハリが出てきてしわやたるみ対策になる上に、マッサージによるリフトアップ効果もあるんですね。

この点はシズカゲルにはない強みになっています。

シミウスと比較した際のシズカゲルの強みとは

ここまではシミウスのほうが美白効果やリフトアップ効果が優れているとお伝えしましたがシズカゲルの方が優れている部分もあります。

それは、軽めのテクスチャーで浸透が早いので朝には使いやすいという点と毛穴への効果はシズカゲルの方が高いというところです。

シズカゲルにはビタミンC誘導体やアーティチョークエキスなどが入っていて毛穴を引き締める効果が期待できます。

また、どちらかというとシズカゲルはよりさっぱりした使用感になっています。

以上の点からシズカゲルのほうが若い人向きで、本格的なシミ対策にはシミウスのほうが効果的かなと思いますね。

シミウスとシズカゲルの比較 まとめ

シミウスとシズカゲルは両方とも美白のオールインワンジェルという点では同じです。

ですが、使用感は全く違いますし成分や効果なども全く違います。

シズカゲルはどちらかというとさっぱりしていて軽めのテクスチャーで毛穴ケア効果も期待できる若い人向けのオールインワンです。

それに対してシミウスは硬くてマッサージに適したテクスチャーで本格的なシミ対策や美白に効果が期待できるオールインワンです。

個人的にはシミ対策をするのでしたら断然シミウスの方がおすすめです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。